バリ島のオススメ散策スポット

妊娠さんでも楽しめるバリ島旅行

夫婦2人で行ける最後の海外旅行(ハネムーン)ということで、妊婦さんの海外旅行には賛否両論ありますが、旦那と2人で話し合い元々妊娠が発覚する前に予約していたバリ島旅行を決行してきました!

もちろん私たち夫婦も今回の旅に行くに当たって、お医者さんにも相談をして許可を頂き、渡航前に万全の準備をして行ってきました。状況によっては海外旅行は絶対に避けた方がいい妊婦さんもいらっしゃいます。必ずお医者さん、パートナーと相談した上で海外旅行を楽しんでください。

今回はマリンスポーツやアクティビティは残念ながら楽しむことが出来ない妊娠さんにもバリ島を満喫してもらうために、バリ島でオススメの散策ポイントをご紹介します。

クタ・レギャン地区

ジャラン・レギャン

クタ地区の中でもレギャン通りは、ショップやナイトバーが建ち並ぶ最も活気の溢れたストリートです。サーファーの聖地として有名なクタビーチの近くにあるストリートなので、昼間はTシャツにビーサンという格好のラフな観光客で賑わっています。またサーフファッションのショップも多くあります。

ただし、とても賑やかな通りだけあって人も多いので、散策中のスリには気をつけてくださいね。

ジャラン・パンタイ・クタ

クタ地区の中心部には、ビーチウォーク・バリというとても大きな大型ショッピングセンターがあります。パンタイ・クタ通りは、そのショッピングセンターが面しているビーチ沿いの通りです。

ビーチウォーク・バリから南へ下って少し歩くと、遊歩道に繋がります。クタのビーチを眺めながらお散歩が出来て、妊婦さんにはオススメの散策ポイントです。サンセットの時間帯も綺麗ですよ。

スミニャック地区

ジャラン・ラヤ・スミニャック

ラヤ・スミニャックは、クタやレギャン地区のストリートに比べてちょっぴり高級で上品な通りになっています。外国人オーナーが経営するブティックや雑貨屋さんが並んでいます。

バリ島らしい雑貨やオシャレなカフェは、バリ島の魅力の一つでもありますよね。ちょっと個性的なバリ島の雑貨に巡り会いたい方には是非訪れてほしいオシャレストリートです。

ジャラン・チャンプルン・タンドゥッ

こちらの通りは、先程紹介したラヤ・スミニャック通りと交差しています。ラヤ・スミニャック通りが南北に伸びる通りで、こちらは東西に伸びている通りです。

通称ダヤナプラ通りとも呼ばれており、雑貨やさんやカフェの並ぶラヤ・スミニャックとは対照的にナイトクラブやバーが多く夜遅くまで賑わっています。妊婦さんはお酒も飲めませんし、あまり楽しめる通りではありませんが、体調の良い日に1日くらい雰囲気を覗きに行っても楽しいと思います。

クロボカン地区

ジャラン・ラヤ・クロボカン

ラヤ・クロボカンは、クロボカン地区のメインストリートで、オシャレな家具やギャラリー、インテリアショップが並びます。スミニャックと同じく上品でオシャレな雰囲気で、バリ島の最新の流行が集まる地区と言われています。スミニャックの方が名前的には有名ですが、流行に敏感な奥様には是非スミニャックと合わせて訪れてほしいエリアです。

クロボカン地区は、スミニャック地区のすぐ上にあり、スミニャックを散策してそのまま歩いてクロボカン地区に入ることができます。スミニャック・クロボカン地区はほぼ同じと思ってもらってOKです。

ジャラン・カユ・アヤ

カユ・アヤ通りには、スミニャック及びクロボカンエリアで最大級のショッピングモールである「スミニャック・ビレッジ」と「スミニャック・スクエア」が面しています。そこから内側に入っていくと、途中で先程紹介したラヤ・クロボカン通りとぶつかります。

カユ・アヤ通りにはショップだけではなく、レストランも多く並んでおり、ランチやディナーにもオススメの通りです。

ウブド地区

ジャラン・モンキー・フォレスト

モンキー・フォレスト通りは、ウブド王宮からモンキー・フォレストまでおよそ徒歩15分くらいの長さがあるストリートです。様々なショップやレストランが並び、お土産やさんも多くあるのでお土産探しにはもってこいの散策エリアです。

またウブド王宮の向かいにはウブド市場というマーケットがあり、その中には様々なお土産さんが並んでいます。スミニャックなどの店舗を構えた路面店とは違い、値段の交渉が必要となりますので頑張りましょう!基本5分の1くらいまでには下がると思って大丈夫です!

ジャラン・ハノマン

ジャラン・ハノマンは、モンキー・フォレスト通りと並行して南北へ伸びるショッピングストリートです。お土産とは別にバリ島らしい雑貨やさんやファッションのお店も並びます。また少し脇道に入ってもお店があったりするので、時間のある方は隅々まで探索してみましょう。

モンキー・フォレスト通りとの抜け道にみ使えるジャラン・デウィ・シタという通りには、ウブド地区ならではのオーガニック石鹸のお店などもあるので自然派コスメのお買い求めは是非ウブド散策の際に!

おトクにお買い物できるのは?

全体的な印象として雑貨やお土産の物価は、ウブドが一番安かったです。物価の安さは、ウブド→クタ→スミニャック・クロボカンという感じです。

スミニャック・クロボカンエリアはオシャレで人と被らないお土産が手に入る一方でお値段は少し高めです。定番のバリ島お土産を安く手に入れたい方は、路面店ではなくマーケットでまとめ買いして値切るのが良いでしょう。お買い物の参考にしてみてください。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です