ハローワークの窓口で職業相談してみた!求人に応募しなくても活動実績になる?!

まき

今回は求職活動実績にもカウントされる「ハローワーク窓口での職業相談」についてお話するよ!

毎月必要な求職活動実績の回数は?

失業保険 雇用保険 就職活動 実績作り 回数 何回

自己都合による退職

【必要な求職活動回数】

  • 初回認定日までに3回以上
  • その後は月に2回以上

※初回は説明会への参加が1回の活動実績としてカウントされるため、実質必要な求職活動回数は残り2回となります。

【初回給付までの期間】

  • 受給の申請をしてから一週間の待機期間
  • 3ヶ月の給付制限期間

つまり、自己都合による退職の場合、実際に初回給付金が手元に振り込まれるのは申請から3ヶ月半後くらいになります。

会社都合又は特定の理由により退職

【必要な求職活動回数】

  • 初回認定日までに1回以上の活動実績が必要
  • その後は月に2回以上

※初回は説明会への参加が1回の活動実績としてカウントされるため、実質求職活動を行う必要はありません。

【初回給付までの期間】

  • 受給の申請をしてから一週間の待機期間のみ

会社都合等の場合、3ヶ月の給付期間制限が免除されるので、申請日からおよそ1ヶ月後には最初の給付金が振り込まれます。

認定日から振込までどのくらいかかる?失業保険受給日の1日の流れ

ハローワークの窓口で職業相談をしてみよう!

ハローワーク 職業相談 窓口 活動実績 実績作り 簡単

窓口で何を相談すればいいの?

まき

活動実績になるって言われても、窓口に行って何を相談していいか分からないよ・・・。

窓口に行っても実際に何を相談したらいいのか分からないという理由で、なかなか気が向かない方も多いと思います。

しかし、相談内容は何でもいいのです。

ハローワーク側も気軽に窓口を利用してほしいと推奨しています。

例えば・・・

  • 希望する業界の競争率
  • 持っている資格や経験に適した就職先の相談
  • 福利厚生面や雇用形態についての問い合わせ

など、再就職に向けて気になることは何でも相談可です。

ハローワークの窓口って、何でも気軽に相談していい場所なのね!

まき

求人に申し込まなくてもいいの?

ハローワークで職業相談をしたら求人に応募して面接に行かなければならないと思っている方が結構多いのですが、 気に入った案件が無ければ応募はしなくてもOKです。

実際に求人への応募をしなくても、窓口で職業相談をするだけで、活動実績は1回とカウントされます。

求人の検索だけでは活動実績にならないので注意!

ハローワークに設置されている「パソコンで求人を検索するだけ」では活動実績になりません。

あくまで、相談員のいる窓口に行く必要があります。でないと、求職活動をしたという証明となるハンコが貰えませんからね!

実際の相談内容例:3選

職業相談 ハローワーク 相談内容 

希望業界や雇用形態に関する相談

まだ再就職の希望業界や今後の働き方が決まっていない方は、ざっくりとこんな相談をしてみるのがオススメ!

  • 以前勤めていた業界の求人数や競争率はどれくらいあるのか?
  • 未経験でも挑戦できる新しい業界はあるか?
  • 正社員と契約社員では求人数やお給料にどれくらい差があるのか?

雇用条件に関する相談

福利厚生やお給料などを重視したい方は、こんな相談をしてみるのがオススメ!

  • とにかく福利厚生が手厚い就職先を探したいと相談する
  • 応募先に産休・育休の取得実績はどのくらいあるか?
  • 毎月の給料やボーナスが高い業界はどこか?

検索した求人を印刷して問い合わせ

ある程度、希望業種やエリアが決まっている方は実際にパソコンを使って求人を検索してみましょう!

検索するだけでは活動実績にならないので、その求人を印刷して窓口で相談を!

  • 求人にまだ空きがあるか?
  • 他に似たような条件の求人はあるか?
  • その他求人に関する質問

まき

自分の条件に合わない、他にも探したい場合は応募しなくてもOK!

おまけ:その他オススメの活動実績作りはコレ!

★ハローワークが開催する就職セミナーへの参加

ハローワークでは毎月無料で就職支援セミナーを開催しています。

電話で事前予約が必要です。

★派遣会社へ登録且つ案件問い合わせ

派遣会社に登録をして、電話で求人案件の問い合わせをするだけで求職活動実績となります。

実際に求人に申し込みをして面接をうける必要はありませんが、派遣会社に登録をしただけでは活動実績にはなりません。

★転職サイトが開催する転職セミナーへの参加

マイナビやDODAなどの民間企業が開催する転職セミナーへの参加も活動実績として認定されます。

ただし、「再就職・転職」をテーマにしたセミナーのみが活動実績として認定されるので、注意が必要!

★資格試験を受ける

再就職のための資格試験の受験も求職活動実績としてカウントされます。

資格の勉強も出来て活動実績にもなるのでオススメ!

オススメ
気になる方はこちらの関連記事もチェックしてね★
失業保険を受給中の方必見!超簡単な求職活動実績の作り方TOP5
【結婚で寿退社】結婚を理由に退職した場合でも失業保険は貰える?
妊娠中でも失業保険がもらえる!「もらえる人」と「もらえない人」の差とは?

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です