山口→東京の帰り道で愛媛の老舗旅館「栴檀」に宿泊

みんなにビックリされるのですが、いつも山口⇄東京間を車で移動している我が家。

今年2才になった子供がいるので、長距離の車移動は大変な部分もありますが、途中でいろいろな土地に寄れるのが一番の魅力。

今回は、かねてから気になっていた愛媛の老舗旅館「栴檀」にお邪魔してきました。

愛媛では有名な格式高い老舗旅館「栴檀」

愛媛で経済界や政界の重鎮をおもてなしする料亭と言えば、「栴檀(せんだん)」と言われているほど格式の高い老舗旅館です。

道後温泉の本館から石手川に向かって車を5分ほど走らせた静かな場所にあります。

公式ホームページ:https://www.sendan-dougo.com/welcome.html

愛媛県松山市石手1丁目3-28

結論から言うと、女将さんの人柄や気遣い、お部屋の手入れ、お料理どれをとっても大満足のお宿でした。

お部屋の様子

センスのいい生花と掛け軸が飾ってあり、縁側もある日本の伝統を楽しめるお部屋。

12畳くらいあったかな?

家族3人には十分すぎる広さのお部屋でした。

また机と椅子以外の余計な家具がなく、小さな子供がいても安心してのびのびできました。

縁側からは綺麗に手入れされた中庭、池の鯉が覗けます。

娘も初めての縁側のあるお部屋に興味津々。

何度も外にでたいとねだり、集中して池の鯉をみていました。

愛媛旅行 宿

目で楽しむこだわりのお料理

栴檀のお料理は、「目で楽しむ」がコンセプトだそうです。

本当に一品一品が美しく芸術作品のようでした。

お料理ももちろんですが、どの盛り付けも器もとても素敵で、まさに味覚でも視覚でも楽しませていただきました。

栴檀 カブの碗物
栴檀 焼き物の盛り合わせ

今回は、大人2人のコースを頼んで、娘は私たちのコース料理から食べられるものを食べてもらいました。

ご飯やお味噌汁はもちろん、普段私が絶対に作らないであろうカブの煮物や季節野菜の天ぷらに、娘も大満足の様子でした。

子供用の椅子やカトラリーも準備していただいたり、子供が食べるであろうお味噌汁とご飯を先に持ってきてくださったり、女将さんのお気遣いに感謝でした。

温泉は家族だけでのんびりと

栴檀は、露天風呂はなく内風呂のみ。

お風呂自体は旅館の大浴場ではなく、おうちのお風呂のようなすごくシンプルな作りですが、家族みんなで一緒に入れるのが嬉しいです。

お風呂の時間は、予め女将さんが希望や混み具合に合わせて調整してくださいます。

私たちは、夕食前と夕食後、翌日の朝風呂を用意してももらいました。

家族だけなので、とてもゆっくりできてよかったです。

用意されていた浴衣も温泉グッズもホテルとは違って渋い。(もちろん良い意味で)

見た目は木箱に入っていて大正時代のような雰囲気ですが、現代に必要なアメニティーはしっかり揃っていましたよ。笑

今回は、下関から東京へ向かう途中に愛媛に寄ったので、山口県の下松から車ごとフェリーに乗って愛媛に到着しました。

なんだかんだ移動に5〜6時間かかったので、運転手のパパもお疲れモード。

高級宿でのんびりと温泉と美味しいお料理を楽しむことができ、旅の疲れもすっかり癒されました。

この後、四国一周・一週間の旅がスタートするのですが、四国で宿泊した中でもダントツでお料理の美味しいお宿でした。

栴檀はむしろ宿泊よりも、お料理を食べに来る方のほうが多いようなので、お食事だけを楽しみに行くのもおすすめです。

以上、二拠点生活ファミリーのふらっと愛媛旅〜高級宿に泊まってみた編〜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です