認定日から振込までどのくらいかかる?失業保険受給日の1日の流れ

失業保険受給日の1日の流れは?

失業保険 受給日 雇用保険 ハローワーク

待ちに待った失業保険受給日。自己都合で退職した方は初回の受給日まで3か月以上待ちますからね。

まずは、失業保険受給日の1日の流れについてご紹介します。

STEP①指定の認定日・認定時間に管轄ハローワークへ行く

最初の説明会でハローワークから貰う書類の中に「失業認定申込書」という紙があります。

認定日と時間帯はその 「失業認定申込書 」の左下にスタンプで記載してあります。

管轄ハローワークによっては、受給日には何百人もの受給者が訪れるので指定された時間を守ってハローワークに行きましょう

認定日にハローワークに行けなかった場合は、その月の受給を受けることが出来ません。

MEMO
指定された認定日は原則変更不可です。時間帯に関しては事前に窓口で申請することで変更できる場合があります。

STEP②活動実績を記入する

失業保険を受給するには毎月2回以上の求職活動実績が必要です。

前回認定日から今回認定日の前日までの1か月に行った活動実績を「失業認定申込書」に記載しましょう。

失業保険を受給中の方必見!超簡単な求職活動実績の作り方TOP5
失業保険を受給中の方必見!実績にカウントされない求職活動に要注意

STEP③必要書類を2枚セットにして提出

受給日に提出が必要な書類は2つ。

  • 失業認定申込書(活動実績を記入したもの)
  • 雇用保険受給資格者証

STEP④名前を呼ばれるのを待つ

ハローワークの職員が提出書類の記載内容に不備が無いかを確認します。

確認が完了した後、一人一人基本的にはフルネームで呼ばれます。

(フルネームで呼ばれたくない方は事前に職員に伝えることで対応可)

STEP⑤記載された受給額を確認

提出した「雇用保険被保険者証」の裏側に今回受給できる失業保険の受給額が記載してあります。

記載されている受給額が間違っていないか自分でもしっかり確認しましょう!

まき

また次回の認定日に必要な新しい「失業認定申込書」も一緒に配布されます。

これで受給日に行う手続きは完了です!所要時間は大体1時間~2時間をみておきましょう。

そのまま帰らないで!受給日には窓口で職業相談をしよう!

ハローワーク 受給日 職業相談 窓口 求職活動実績

せっかくハローワークまで足を運んだ受給日には、窓口で職業相談をしてから帰りましょう!

認定日に行った求職活動は次回の実績としてカウントされるので、次回認定日までにあと残り1回の求職活動をすれば受給条件はクリアできます。

再就職先の職種や雇用形態等で悩んでいるも、窓口で相談すると解決の糸口になるかも!

ハローワークの窓口で職業相談してみた!求人に応募しなくても活動実績になる?!

認定日から振込まで何日かかる?

雇用保険 失業保険 振込まで 何日 認定日

認定日から自分の口座に受給額が振り込まれるまでは、だいたい2~3日。(土日祝を除く)

遅くても1週間以内には入金されるので、きちんと受給額が振り込まれているか毎回確認しましょう。

まとめ

今回は初めて失業保険を受給する方のために一日のスケジュールをご紹介しました。

管轄ハローワークによってはとても混雑しているので、認定日は時間の余裕をもって行動しましょう!

【結婚で寿退社】結婚を理由に退職した場合でも失業保険は貰える?
妊娠中でも失業保険がもらえる!「もらえる人」と「もらえない人」の差とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です