リモートワークという選択

ブログの紹介

このブログはパパ・ママ・娘の仲良し3人家族が「フリーな生活」を求めて、デュアルライフを実現する過程を綴ったものである。

《登場人物》

私:職業模索中の新米ママブロガー

夫:フリーのWEBデザイナー

娘:2020年2月に産まれた待望の第一子

《我が家が掲げる3つのフリー》

  • 時間からの解放
  • 場所からの解放
  • 社会的ストレスからの解放

リモートワークで働くメリット

場所に囚われない

このコロナ渦で一気に注目を浴びたリモートワークという働き方。

出勤時間は省けるし、満員電車とも無縁。

リモートワークなら我が家の目標である「デュアルライフの実現」も可能だ。

場所に囚われないリモートワークという働き方は、これからの新しいライフスタイルの確立に欠かせないものになるだろう。

娘との時間を確保できる

在宅で仕事が出来るリモートワーク。

小さい娘のいる私にとって、少しでも長く娘との時間が確保できるのは嬉しい。

リモートワークで働くデメリット

娘の世話をしながら仕事?!

リモートワークの難しさは、育児との両立だ。

自宅で仕事が出来る分、娘と一緒にいる時間は確保できる。保育料も節約できる。

しかし、全然仕事にならない!!

とイライラしている自分の姿が目に浮かぶ。

リモートワークでも毎日決められた時間に稼働しなくてはならないとなると、娘は保育園に預けなければ。

専門性の高い求人が多い

リモートワークという働き方に興味を持ち、求人を探してみた。

そこで気づいたこと。

リモートワークの募集は専門性の高い職種が多い。

例えば、WEBデザイナーやイラストレーター、エンジニアなど。

また元々経験のある人材を求める会社がほとんどだ。

確かに出社しないのだから、教育の必要がない人材を求めるのは理にかなっている。

私がこれまでに経験してきた一般事務という仕事は、パソコン作業以外の雑務も多くありオフィスで重宝される人材であり、リモートワークという形態には向いていない職種なのだろう。

私の経験職歴ではリモートワークの求人をゲットするのは少し難しいかもしれない。

次回もお楽しみに

妊娠・育児に関するママライフ/フリーランス・お金に関する知得ブログも運営中。

出産で保険金っておりるの?~会陰切開で生命保険から保険金がおりた話~
経験者ママが語る無痛分娩のメリットとデメリット
フリーランスとは何か
二拠点生活を可能にしたWEB系フリーランスのメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です